Windows 8.1 ローカルアカウントをインストール時に作成する方法、Microsoft アカウントは避けたほうが無難

Windows 8 からタブレットとの融合が始まり Windows OS と Microsoft アカウントの統合が進みました。

それに伴い、新規インストール時のアカウントで通常通り進めてしまうと Microsoft アカウント作成を促され、ユーザー名にマルチバイト文字が入ってしまうかもしれない罠が。

Windows 8, 8.1 クリーンインストール時にローカルアカウントを作成する方法。

Windows 8, 8.1
クリーンインストール時にローカルアカウントを作成する方法

Windows のインストールが終わり、初回設定を進めてると “Mirosoft アカウントへのサインイン画面” になります。

ここで画面下方、”アカウントをお持ちではない場合” の下、”新しいアカウントを作る” をクリック。

Mirosoft アカウントへのサインイン画面
Mirosoft アカウントへのサインイン画面

 

“Microsoft アカウントの作成” 画面に遷移。

ここでさらに画面下方の “Microsoft アカウントを使わずサインインする” をクリック

Microsoft アカウントを使わずサインインする
Microsoft アカウントを使わずサインインする

 

ローカルアカウントを作成できるので、入力し “完了”

Windows8.1 ローカルアカウント作成
Windows8.1 ローカルアカウント作成

これでOK。

 

所感

商売上アカウントの作成を強いてくる・ローカルアカウント作成がわかりにくい、というのは仕方ないことだと思います。

Windows という OS 分かりづらいとしばしば耳に。

知れば不自由せず幅広く使えるためある程度の知識を持っている層以上向けなのかな、と最近感じています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。