Windows10 にデフォで入っている OneDrive をアンインストールする方法

Windows10 から Microsoft のクラウドストレージ OneDrive がデフォルトでプリインストールされるようになりました。

他のクラウドストレージを使っていればいらないアプリなので、アンインストール。

以下、OneDrive を不要・使う予定がないという方向け (消しても入れたくなれば再度入れられます)。

OneDrive をアンインストールする方法を探す

OS の入ってるドライブで OneDrive 検索してみるとそれっぽいインストーラが C:\Windows\SysWOW64\OneDriveSetup.exe 。

アンインストールのスイッチを足してやればアンインストールできますね。

Windows10 の OneDrive をアンインストールする

前述のセットアップファイル (実際はハードリンクされており、実体は C:\Windows\WinSxS\~~~~\OneDriveSetup.exe にあった) を使用。

Windows が 32bit か 64bit かでパスが少し変わるので環境に応じて実施すること。

1. コマンドプロンプトを管理者として起動

コマンド プロンプトを管理者として実行

2. OneDrive をアンインストールするコマンドを実行

32bit

64bit

OneDriveをアンインストールするコマンド

以上。念のため再起動すればOK。

レジストリやユーザー設定ディレクトリ配下で OneDrive に関連するものは残るかもしれませんが、それを気にするユーザーは自身で調べるなりできるかと思うので割愛。

再インストールしたい場合は前述のセットアップファイルを直接叩けばOK (アンインストールでセットアップファイル自体は消えない)。

所感

…どうせ Dropbox 使うんでしょう?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。