ATOK2014 がリリースされましたので変更点・レビューなど。ATOK for Android[Professional] も気になるところ

もはや10年来の ATOK ユーザーです。

本日2014/02/07、 ATOK 2014 がリリースされました。

簡単にですがまとめてみます。

ATOK2013⇔2014 変更点

ATOK サイトがわかりやすかったのでスクリーンショットを掲載。

ATOK2013⇔2014 変更点
ATOK2013⇔2014 変更点

機能は毎回地味に増えてるのがうれしいですね。

特筆すべきは ATOK が最大25%高速化するアクセルモード。

わたしの環境ですと最大パフォーマンスが出るようになっていました!

ATOK2014_axel-mode

 

ATOK2014 使用感

使用感は相変わらず満足。

いつものように関西弁に設定して使っています。

方言が変換できるすばらしさったら。

ATOK2014_kansaiben

 

ATOK for Android[Professional] とは

2014年 ATOK の目玉はこれでしょう。

プロ版の android 用 ATOK

ATOK Passport版 Pro:プレミアムキーボードPlay icon ATOK Passport版 Pro:プレミアムキーボード

制作: JustSystems Corporation
価格: 0
平均評価: 0.0(合計 0 件)

posted by: AndroidHTML v2.1

android 4.0 以上対応になって動作が機敏に、デザインなど大幅に見直され、手書き機能も搭載されたという。

ATOK passport 上位プラン、プレミアム(月額 476円)を契約しないと使えないので敷居が…

 

ATOK for Android[Professional] をちょっと試してみた

試すしか。

キーボードテーマはフラットになり、色を選択する形式に。

濃淡・色つきの3種類 x 6色、計18パターンのテーマ。

手書きでの変換は驚くべきことに、一画一画ごとにかかず一筆書きで書いても認識なさるという…!

顔文字や記号は全画面で一覧視可能に。

その他設定項目は以前のもの+αな感じ。

 

ATOK for Android[Professional] を使うには

上でちょっと書きましたが、月額476円の ATOK passport プレミアムを契約しないと使えません。

icon
icon

ATOK passport の申し込み方法については以前書きましたのでそちらを参照頂けると。

いやーやっぱり ATOK、いいですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。