Mactypeの記事が好評を博しているので設定ファイルを公開してみる。

この間書いた記事 MacType、残念なフォントの描画をMacのように美しく。 が好評のため調子に乗って設定ファイルを公開してみようと思います。

使ってるディスプレイの種類によって設定すべき点は変わりますが概ねいけるでしょう設定。

ただまぁフォントレンダリングは好みで色々変わってしまうので、この設定が100%いいかどうかはわかりません。

Mactypeの設定ファイルを比べてみる

左からMactype使わず、default.ini、今回の設定ファイルでの画像です。

180%ぐらい拡大してあります。

win7x86-2012-12-19-00-59-14

 

個人差はあるでしょう、しかし格段に見やすいはず

Mactypeの設定ファイルをダウンロードして使えるようにする

1, わたくしの作りました設定ファイルをダウンロード

2, ダウンロードした .ini ファイルをMactypeのプログラムディレクトリにコピー。画像参照。(windows x64なら C:\Program Files (x86)\MacType\ini になります。)

win7x86-2012-12-19-01-10-11

 

3, Mactypeを起動し、モード選択(環境によって違うと思います。)で次へ

win7x86-2012-12-19-01-15-02

 

4, LCDth.ini を選択して完成をクリック。

win7x86-2012-12-19-01-15-42

 

これでOK。

まとめ

この設定ファイルではいくつかの問題が起きるであろうプログラム(photoshop等)ではMactype効かないように除外設定してあります。

わたしは太めでくっきりが好きなのでこの設定はわりと気に入ってます。

見た目がキレイになると色々捗りますよね。

気が向いたら各設定項目を詳しく掘り下げようかなーなんて。

関連記事

2件のコメント


  1. […] 2012.12.19 設定ファイルの記事 を書きましたので是非参照ください。 […]


  2. […] Mactypeの記事が好評を博しているので設定ファイルを公開してみる。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。