マウスのチャタリングをソフト的に解決。ChatteringCanceler。

年末は忙しいですねー(‘A`) 飲み会や飲み会や飲み会や…androidの開発が捗らず。

 

先日マウスの記事を書いて思い出したので書いてみた。

わたくしマウスはLogicool派だと書きましたが、Logicoolのマウスはチャタリングを発症することが多いんです(あくまで私感)。

マウスを分解して抵抗を半田でつけてハード的に直してもいいのですが、分解した時点で保証がなくなったり壊してしまうことも多分に漏れず。

この対策をすることによってマウスの寿命が半年ぐらい延びるはず!

そもそもチャタリングってなんなん

wikipediaさまより引用

チャタリング (chattering) とは、リレーやスイッチの接点が切り替わった際に、微細で非常に速い機械的振動によって、電気信号が断続を繰り返す現象である。非常に短時間で消失する現象であるが、電子回路の誤動作の一因とされ、通常は電子回路を工夫することなどで予め対策が取られる。油圧回路でも生じることがある。

具体例
PC用の古いキーボードを操作したとき、キーを一度押しただけなのに、複数回入力されることがある。あるいは、マウスのシングルクリックが、意図せずダブルクリックとして入力されてしまう。これは、接点の劣化によってチャタリングが発生し、細かいオンオフがキー入力と判定されるためである。

略すと、

「クリックしかしてないのにダブルクリック判定される(# ゚Д゚)プンスコ!!」

ですね。そこでスーパー便利なwindows用のソフトがあるので紹介。

ChatteringCancelerを導入する

ヨン様と呼ばないで!

作者様サイトからVectorに飛んでソフトをダウンロードします。

インストール形式ではないので、任意の場所へフォルダを展開。

x86用とx64用があるのでパソコンに入っているwindowsに合わせて起動してみましょう。

ChatteringCanceler_zip

 

ChatteringCanceler.exe で起動。

ChatteringCanceler_exe

 

起動されました。基本的にそのまま使えばチャタリングは解消されると思います。

治らないようであればボタン設定内容の説明を読んで数値や設定を変えるといいでしょう。

ChatteringCanceler

 

 

起動時にChatteringCancelerを立ち上げたい場合は、ChatteringCanceler.exeを右クリック→ショートカットを作成し、スタートメニュー内、スタートアップに放り込んでおけばおk。

ChatteringCanceler_startup

 

ChatteringCanceler起動中はタスクトレイにアイコンが鎮座ましましします。

ChatteringCanceler_tasktray

 

まとめ

設定ほぼ不要、レジストリ汚さず、導入は一瞬。

なのにチャタリングが解消されるというとてつもなく便利なソフトだと思います。

このソフトを使ってもチャタリング判定喰らうようになったらわたしはマウスを買い換える感じです。

チャタリングに悩む方は必見、そうでない方も頭の片隅に入れておいて欲しいぐらいオススメです!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。