PATH(環境変数)の設定を簡単に行うためのフリーソフト、RapidEE。あとおまけ

最近パソコンの調子が悪く、全然ちゃんと動かなかった(ドライバ周りが特に。AMDのグラボが悪いという噂)

年末なのでOSごとクリーンインストールしてしまえ!と、最近デスクトップPCのOSをクリーンインストールしました。

前々から書こうと思っていたのでついでにスクリーンショットも撮ってみたりな記事。

 

環境変数の設定

android携帯をいじる際始めにつまずくであろうなのが環境変数(PATH)の設定。

「java JDKとandroidSDKを入れてPATHを通す」

という最初はわけのわからない手順。

手順紹介のサイトにもよりますが、システムのプロパティから環境変数を選んで~…って見たことないですか?こんなの。

 

わかりにくいし間違いがちだし間違ってても間違いに気づけないし。

GUIでできるならGUIのほうがいいに決まってる!(そうじゃないときもあるけど)

というわけで

RapidEEとは

作者さんのサイトを見てもらうのが早いでしょう。以下抜粋。

Windowsの“環境変数”をGUIで編集できるソフト。各環境変数とその値をツリー形式でわかりやすく表示できるのが特長で、変数や値はツリーの右クリックメニューから追加・削除することが可能。また、値にパスを指定する場合はダイアログを使ってフォルダを選択できるので、編集作業の多くをマウス操作だけで完結でき、編集ミスを起こしにくい。また、無効なパスを赤文字で強調表示する機能を備えているので、入力ミスを一目で見つけることができて便利。過去に指定したパスがソフトのアンインストールなどで無効になった場合にも強調表示されるので、ときどき本ソフトで環境変数を調べれば、無効な値がないか確認できる。そのほか、設定した環境変数をREGファイルとしてバックアップしておくことも可能だ。

ダウンロードページ からダウンロードし、パソコンに入れれば準備OK。(わたしはzip版を使ってます。)

RapidEEでandroid SDK, java JDK環境変数(PATH)を設定する

android SDKのインストールは後日書きます。

まずRapidEEを起動、GUIなので使い方はパッと見てわかりやすいかと!

そして 設定は保存しない限り適用されないし、アンドゥもできる ので気楽にいきましょう。

 

 

Pathのところで右クリック、値を追加!

 

Pathを通したいパスを入力しましょう!

 

はい、パスが入りました。何か間違ってたりすると赤字でちゃんと警告してくれます(まぁ便利)!

保存しておk。

 

 

おまけ

ちなみに上の写真で追加されてる E:\bin は何かというと、よく使う apktoolやbaksmaliの実行ファイルを置いてます。こんなふうに。

こういうフォルダを作ってパスを通しておくと、コマンドプロンプトを立ち上げさえすればコマンド使えるようになって便利なのです。

関連記事

3件のコメント


  1. […] 以前紹介したので参照のこと。 […]


  2. […] 環境変数いじるのは RapidEE が便利ですよ。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。