“Booting in insecure mode” が Ubuntu 14.10 起動時に出る

Ubuntu 14.10 をインストールした際に出た Booting in insecure mode メッセージについて。

 

Booting in insecure mode

Ubuntu Wiki に情報がありました。

An update to shim in 14.10 introduces a bug where, when booting on a UEFI system with SecureBoot disabled, the boot is delayed for two seconds and a message “Booting in insecure mode” is displayed on the screen. This message does not indicate a security problem with Ubuntu and does not interfere with the operation of the system except for introducing this boot delay. As a workaround to avoid this boot delay, users can enable SecureBoot if enabled on their hardware, or if they do not intend to use SecureBoot at all they can uninstall the shim-signed package and then rerun the grub-install command. 1384973

どうやら UEFI で SecureBoot を無効にしている場合に出るようです。

SecureBoot に対応していなかったので、その対応を施しました。

Ubuntu_14.10_install-settings_06

これで遅延・メッセージが消え、幸せに。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。