linux kernel 3.7が来たのでubuntuのkernelをアップデートしてみた

2012年12月11日付けでlinux kernel 3.7がロールアウトされました。

 

主な変更点は

  • 64ビット版ARMのサポート
  • 複数のARMプラットフォームのサポート
  • ファイルシステム”btrfs”の強化
  • “strace”の代わりに”perf trace”追加
  • SMB 2プロトコルの実験的なサポート
  • NFS v4.1の正式サポート
  • “VXLAN”プロトコルの追加
  • “Supervisor Mode Access Prevention”のサポート
  • Nintendo Wii バランスボードドライバのサポート
  • あといろいろ

らしい。linuxカーネルは全然追えてないので正直ちゃんとわかってない

新しいもの好きなので早速、android開発環境用のubuntuに入れてみることにした。

linux kernel 3.7をインストール

まぁコマンド1発でおkなんですけどね。

インストールにはubuntu 12.04もしくは12.10が条件です。

1, ターミナルを開く

u12.04x64-2012-12-14-22-22-58

2, コマンド打ち込む

ぽちぽちっと。

進みます進みます。途中でEnter押せ!言われるがままEnterを押します。

u12.04x64-2012-12-14-22-26-33

 

インストールが終わったら最後の sudo reboot を打ち込んで再起動、これでおk。

u12.04x64-2012-12-14-22-28-54

 

再起動が終わったらこの通り。カーネルが Linux 3.7.0-030700-generic になりましたよっと。

u12.04x64-2012-12-14-22-33-07

 

 

まとめ

今まさにやりながら記事を書いてるので使用感は追記します。

くれぐれもバックアップは忘れずに!

アンインストールは以下のコマンドでおk。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。