コールドモックがコールドモックたる所以

acroHDのリアカバーをPRO CHROMEさんにを塗ってもらおうと思いまして。

PRO CHROMEさんにその旨聞いてみると、電池一体型のスマートフォンは純正リアカバー単体で取り扱っていないという…

純正カバーは一応残しておきたいのでなんとかならないものか考えた末、コールドモックのカバーを流用できないかと考えました。

幸いにもコールドモックが1,000円かからずに見つかったので失敗してもいいやという軽い気持ちでポチっ。

そもそもカバーは外れるのか

「昔のモックは外れなかった記憶が」

と聞いていたものの、さすがにモックを作るため違うラインで作るっというのは考えにくい!(あさはか

外れるのは外れるだろうと予想。

あとはまぁただただコールドモックへの興味もあり。

モックのカバーを外してみた

おそらくは接着だろうと思ってとりあえず炙る。

キタ――(゚∀゚)――!!

20130311-DSC_0554

 

外れた外れた。よし、取り替えてかくに…ん?

20130311-IMGP3901

20130311-IMGP3899

………

20130311-IMGP3900

 

爪の形状・位置が違いましたよええ( ´ー`)...

まとめ

近頃力技系の記事が増えてるのは置いといて頂いてですね

やっぱりモックはモックでした残念。というおはなし。

ガワに付けるカバーをつけちゃうとケースに入らないので当面見送ることにしました。

(もうこうなったら型を作ってしまえば…)

追記しました ↓

フォロワーさんに教えてもらいました(ふつうに売ってた)
Xperia acro HD IS12S 背面カバー 全3色
ので注文して、PRO CHROMEさんのところに発送しましたとさ

関連記事

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。