ZenFone 2 ‏(ZE551ML) は今が買い時かもしれない

2016年2月から日本全国6箇所で行われたブロガー・SNS向けイベント『ZenTour 2016』に参加。

ASUS ZenFone 2 ‏(ZE551ML) 4GB/32GB をお持ち帰りしてのベンチマーク・カメラの実力・今買うのがおもしろいかも?な所感になります。

ZenFone 2 ‏(ZE551ML) ベンチマーク

測定はお馴染みの AnTuTu ベンチマーク v6.1.2。Android バージョンは5.0、ファームはJP_2.20.40.174。

項目詳細
3D: 14251孤立: 8313
ガーデン: 5938
UX: 18181UXデータセキュリティ: 5565
UXデータプログレス: 3723
UX戦略ゲーム: 4029
UX画像処理: 2623
UX I/O パフォーマンス: 2241
CPU: 22138CPU 算数: 4327
CPU 共通のアルゴリズム: 8271
CPU マルチコア: 9540
RAM: 5802
スコア: 60372ZenFone 2 ‏(ZE551ML) AnTuTu ベンチマーク v6.1.2

ランキングでは TOP20 入りの 18位。

ZenFone 2 カメラの実力

カメラのことはあまり詳しくないですが、ZenPad 7.0 (370C) を近距離で撮影してみました。

デジタル一眼を持っているため、そんなに頻度としては使わないですが、適当に撮るぐらいの使用で問題を感じることはありませんでした。

細かく設定できるマニュアル撮影や、自撮りにうれしい?美人エフェクトも搭載されています。

ZenFone 2 が向いている人

脈絡は一切ないですがまとめに入りたいと思います。1ヶ月弱、メイン端末として使ってみて考えたのは

  • SIM フリーがいい
  • 海外に行くかも
  • スペック重視
  • ブートローダーをアンロックしたい

このうち3つ当てはまるのであれば、買って損はないと思います。

まず SIM フリーはもちろんのこと、デュアル SIM(第2スロットは2G)対応。第2スロットを使わない場合でも、予備 SIM を挿しておくという使い方が。

スペックは 4GB の RAM がやはり強力。Android 6.0 でのメモリリーク修正が待ち遠しいものの、2GB の端末と比べれば雲泥の差。

ブートローダーのアンロックは保証が無くなる&再ロックできないデメリットを許容できるならば、ASUS 公式でアンロックツールがリリースされており、簡単にブートローダーのアンロックができる。カスタムロム界隈も賑わっているため、今後2年ぐらいはある程度戦えるはず。

所感

メイン端末として1ヶ月使ってみて、困るシーンは一切なく。今後もメインとして使おうと思ったほど完成度が高い端末だと思いました。

惜しむらくは背面が持ちやすいようにカーブ加工されており、バンカーリングを付けられないことぐらい。当初考えていたよりも良い出来の端末で、Android 6.0 へのアップグレードが待たれます。

予算が4万円以内であれば今、1番オススメしたい端末です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。