acroHD (SO-03D) 6.1.F.0.128アップデートが来たのでやったこと その1

2013年8月6日にアップデートが。

Xperia(TM) acro HD SO-03Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

変更内容はイマイチそそられず、ビルド番号からしてマイナーアップデートかな?と思ってスルーしていましたが、おサイフケータイを使いたくなり、ICSへ舞い戻ることに。

とりあえず6.1.F.0.106のバックアップへ戻ってから作業。

ftfを作成

PC companionからアップデートするフリをしてftfを作成。

手順は以前書いたので割愛。

ftfからramdiskとsystemdumpを取り出し差分チェック。カーネルソースも。

差分チェックです、変更点を把握。

Ramdisk

systemのmountを監視するricがsystemからramdiskへと移っていました。これだけ。

カーネル

12ファイルの小変更。

KGSLのバグが修正されてました。

特定の描画で乱れていたのが治っていました。

system

webkitの修正が適用されているのが一番大きいぐらいであとはd○como発表と細々。

ricが/system/binから消えました。

 

ということであまり大きな変更がないので、初期化して云々するのもあれなんでちょびちょび変更を適用していこうと考えました。

カーネルを6.1.F.0.128へアップデート

ベースバンドは変わってなかったので適用する必要がなく。

カーネルにまつわるところもほぼないのでまずはカーネルだけ。

flashtoolを使うのもあれなんで、zipを作成。CWMから焼く。

ひとまずsystem据え置きでカーネルだけアップデート
ひとまずsystem据え置きでカーネルだけアップデート

カーネルモジュールをマジックナンバー合わせて再作成し読み込む

ricがsbinに移ってしまったため、はぐれカモメさん作成のprerooted.zipからric無効化を拝借して、init.dから呼び出し。

これでsystem書き込み権限ゲット。

モジュールはひとまず、

  • hotplugxガバナ
  • Rowスケジューラ
  • Zram関係
  • IPcomp

を読み込む。

lsmod
lsmod

 

今日の進捗はここまで。続きます。

全て終わったらファイルを一纏めにするのでお待ちください。

関連記事

1件のコメント


  1. 余り詳しくないので教えて下さい。
    root権限を残したまま手っ取り早く6.1.F.0.128へアップデートを行う際には
    「カーネルモジュールをマジックナンバー合わせて再作成し読み込む」の作業はしなくても良いのでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。