xperia active用カスタムカーネルver1

急にやる気が出てきたので作ってみた。

XDAで公開してくれてるカスタムカーネルも試してみたんやけど、気に入らんので作ろうとは思っていた。

 

必要環境

  • ADBが使えること
  • Fastbootのドライバが入ってること(windowsね)
  • 端末がアンロックされていること
  • activeのベースバンドが.62でstock系のROMである
です。詳しくは調べたら出てきますので、わからない人は調べましょう。調べてわからないならあきらめましょう。

変更点

  • CPUガバナを足したり消したり。外人はいっぱいあるのが好きみたいだけど、わたしはイヤなので厳選
  • スケジューラも足したり消したり。同上で厳選
  • 2GHzまでのOC、VDDによる電圧コントロール
  • ミラクルパッチ(autogroup)適用
  • ちょっとだけ最適化
です。急ピッチで作ったので今はこんなもん。次からは電池持ちも狙っていく。

インストール

  1. Fastbootのzipをダウソ、展開
  2. カーネル本体のboot.imgと無線ドライバが入ったThactive_kernel.zipをダウソ。中のboot.imgを1で展開したフォルダに入れる
  3. 1で解凍したフォルダの中の flash_boot.bat というバッチファイルを実行。コマンド画面が開き、エンターを押せば焼ける親切設計
  4. 2の中のドライバを /system/lib/modules/ 以下にある同名ファイルに上書き
ちゃんと焼けてれば下の画像のようになります。(カーネルバージョン番号入れ忘れた)
サッカーの代表戦を見てるので取り急ぎ、これで。

関連記事

2件のコメント


  1.  う~ん。なんやらややこしそうだけど、ぼちぼちやってみます。
     これからFive-oとAlcatrazなのでw

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。