xperia active をアンロックする

やっぱりカーネル焼いたりちゃんとCWM使えないのは不便だね!

っということでactiveちゃんをアンロックするよ!

※アンロックすると保証はなくなります。何があっても泣かない文句言わない覚悟ができてからしましょう。

DRMを失わない方法です。

 

1.端末の確認

まず端末で電話から *#*#7378423#*#* をダイアル

サービスメニュー内 Service info > Configuration > Rooting Status を確認、Bootloader unlock allowed が Yes なことを確認

 

2.ツール類の用意

  • パソコン(PCの電源断で壊れる可能性があるので無停電電源装置付きかノートPCがベター)
  • USBケーブル
  • クリップ
  • s1toolsをダウンロードしてどっかに解凍しておく

3.テストポイントの準備

activeちゃんのテストポイントはなんとシールの下にあるのです(゚Д゚) もう引き返せません、めくります、めくると二度と貼れません

めくれました!

USBをパソコンにつなぎ、テストポイントをショートさせます

2~3秒でデバイスを認識します、認識次第クリップを離します。ドライバがないよと言われます

windowsのデバイスマネージャから解凍したsitool内のドライバを読み込みます

インストールでおk

4.s1toolを使ってブートローダーのアンロック

s1tool.exeを起動

Patch SEMCBootをクリック

なんか赤いメッセージ出た、これは注意が必要ぽいぞ…どうやら

  1. USBケーブルを外す
  2. バッテリーを外す(すでに外れてるからおk)
  3. テストポイントをショート
  4. “READY” を押してからUSBケーブルをつなぐ

らしい。やってみる。

そしたらまたメッセージが。

言われるがままにテストポイントのクリップを離して ”READY” を押す。FINISHEDと出たらどうやら完了の模様!疲れたー

ケーブルを抜いて電池を入れ、音量上げるボタンを押しながらUSB繋ぐと青いランプが付いてfastbootモードに入れます。

fastboot mode driver やら

たぶんドライバが見つからないよ!と言われるので、fastboot_with_Android_USB_fileをダウンロードして、ドライバをまたデバイスマネージャから入れてあげましょう!

これでカーネル入れたい放題だ!!

 

…さて、カーネル作らんとな。fastbootの使い方はググるかカーネルできるまで待ってね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。